アーカイブ

ページ 10/12

外国映画, 日本映画

映画レビュー「寝ても覚めても」

突如として姿を消した男。新たに出会った男。同じ顔をした二人の男の間で揺れる女が、最後にとった行動は?

日本映画

映画レビュー「きみの鳥はうたえる」

「僕」と、佐知子と、静雄。男ふたり、女ひとりの、幸福な日々。だが、ある日、3人の関係に決定的な転機が訪れる。

イベント・映画祭, 日本映画

映画レビュー「岬の兄妹」

足の不自由な兄と、知的障害を持つ妹。勤め先をクビになった兄は、妹に売春させて生計を立てることを思い立つ。('19年2月20日 加筆)

日本映画

映画レビュー「沖縄スパイ戦史」

第二次世界大戦末期、陸軍中野学校が主導した「秘密戦」。少年たちはゲリラ戦で殺され、住民はマラリア地帯で病死させられた。

外国映画

映画レビュー「グッバイ・ゴダール!」

天才監督ゴダールと出会い、恋に落ち、結婚したアンヌ。しかし、ゴダールは政治に傾倒。二人の気持ちはしだいに離れていく。

日本映画

映画レビュー「ヘヴンズ ストーリー」

家族を殺され復讐心に燃える少女。家族の仇を討つと宣言した男。少女の思いは、やがて男の運命を狂わせる。

インタビュー・会見, 日本映画

「菊とギロチン」瀬々敬久監督 単独インタビュー

自由な世の中を渇望し、無謀な挑戦に命を燃やした若者たちの物語。「この映画が、世の中を変える着火剤になればいいと思った」

外国映画

映画レビュー「祝福~オラとニコデムの家~」

自閉症の弟とアルコール依存の父親。二人の世話をする少女の夢は、別居する母親が戻り、家族が再び一つになること。

外国映画

映画レビュー「母という名の女」

久々に現れた母親は、40歳そこそこの女ざかり。沸々とたぎっていた女のマグマ。娘の出産をきっかけに、一気に噴き出した。

外国映画

映画レビュー「V.I.P. 修羅の獣たち」

脱北した殺人容疑者。逮捕しようとする警察。妨害する国家情報院。三つ巴(どもえ)の攻防戦の果てに、勝つのは誰か?

外国映画, 日本映画

映画レビュー「ザ・ビッグハウス」

全米最大のアメフト・スタジアム。17台のカメラがその全貌をとらえた。記録された映像は、現代アメリカの縮図そのものだった。

外国映画

映画レビュー「それから」

出版社の新入社員アルムは、出社早々、社長夫人から愛人と勘違いされる。さらに、別れたはずの愛人が現れ、アルムは解雇されてしまう。