日本映画

映画レビュー「恋は光」

恋する女性が光って見える。そんな特殊能力を持つ西条が初めて恋をした。3人の女性との恋愛論のはてに、西条が選んだ相手は?

日本映画

映画レビュー「教育と愛国」

教育基本法に「愛国心」条項が盛り込まれ、教科書には戦争加害の事実を書かないよう圧力がかかる。政治が教育現場を蹂躙している。

日本映画

映画レビュー「夜を走る」

内気な男が、女の態度に逆上し、殺してしまう。同僚と偽装工作し、上司に罪をなすり付けた。すると、全く新しい人生の扉が開ける。

日本映画

映画レビュー「スペースクライングフリーセックス」

ほぼ全裸姿で空から舞い降り、人間の男と合体。そのままアワビ型の巣へ放り込む。凶悪なオルガ星人に、3人の戦士が反撃する。

日本映画

映画レビュー「女子高生に殺されたい」

誰にも言えない異常な願望に取り憑かれた高校教師・東山春人。綿密に計画を練り、ターゲットの女子生徒を操っていくが――。

日本映画

映画レビュー「猫は逃げた」

離婚間近のカップル、亜子と広重。その飼い猫が失踪する。互いの浮気相手も巻き込んだ迷走の果てに、二人が見つけたのは?

日本映画

映画レビュー「ある職場」

大ホテルで起きたセクハラ事件は、職場を巻き込み、SNSも炎上する。仲間から孤立した被害者女性が最後に下した決断は?

日本映画

映画レビュー「コネクション」

暴力団、ドラッグ、風俗…。危険な現場で取材する実話誌のライター・綾乃に、次々とトラブルやアクシデントが襲いかかる。

日本映画

映画レビュー「愛なのに」

古本屋の多田は、女子高生に求婚される。しかし、多田には他に好きな女性がいる。そして、その女性は婚約中で、相手は浮気していた。

インタビュー・会見日本映画

「名付けようのない踊り」犬童一心監督 単独インタビュー

世界を舞台に活躍する田中泯。その独自な踊りの核心にあるものは何なのか。犬童一心監督が、圧倒的なパフォーマンスの秘密に迫る。

日本映画

映画レビュー「なん・なんだ」

外出中の妻がひき逃げに遭い意識不明となる。カメラには男の写真。浮気していたのだ。老いた夫に訪れた人生最大の試練。

日本映画

映画レビュー「冷たい熱帯魚」

小さな熱帯魚店を営む内気な主人公の前に、同業の男が現れる。やり手の経営者と思われたが、実は冷酷非情な殺人鬼だった。

日本映画

映画レビュー「エッシャー通りの赤いポスト」

オーディションで選ばれた女優たちが、上層部の鶴の一声で降板の憂き目に遭う。女優たちは反乱の狼煙(のろし)を上げる。

日本映画

映画レビュー「香川1区」

小川淳也vs平井卓也。熾烈な闘いの中で、政治の実相が浮かび上がる。2021年総選挙をリアルタイムで追ったドキュメンタリー。

日本映画

映画レビュー「偶然と想像」

偶然の出来事が人の運命を一変させる。世界が注目する濱口竜介監督の短編アンソロジー。ベルリン映画祭銀熊賞受賞作。

日本映画

映画レビュー「水俣曼荼羅」

終わりの見えない裁判闘争と並行して、水俣の人々の人生模様が描かれる。原一男が20年かけて完成させた渾身のドキュメンタリー。

イベント・映画祭外国映画日本映画

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021 受賞作「ライバル」、「カウンセラー」

監督賞「ライバル」、SKIP シティアワード「カウンセラー」。ともに不穏なムードの中で展開するサスペンス映画の秀作だ。

日本映画

映画レビュー「恋の罪」

ラブホテル街で殺人事件が発生。死体は分断され、マネキンの頭部や下半身が接合されていた。死体は誰で、犯人は何者なのか?

「先生、私の隣に座っていただけませんか?」堀江貴大監督 単独インタビュー
インタビュー・会見日本映画

「先生、私の隣に座っていただけませんか?」堀江貴大監督 単独インタビュー

妻が教習所の先生と不倫? 夫の不倫に対する復讐か。それともただの妄想か。漫画家夫婦が繰り広げるスリリングな心理戦。

日本映画

映画レビュー「うみべの女の子」

本命にフラれ、好きでもない同級生に処女を捧げた小梅。割りきった関係のつもりが、体を重ねるうちに、恋愛感情が芽生えて――。

日本映画

映画レビュー「かば」

大阪・西成区。差別と偏見にさらされる過酷な環境の中、必死に生きる子どもたち。そんな彼らと向き合い、ぶつかり合う教師がいた。

日本映画

映画レビュー「フィア・オブ・ミッシング・アウト」

亡き親友が残したボイスレコーダー。吹き込まれた“遺言”に耳を傾けながら、ユジンは親友の思考や認識を追体験していく。

日本映画

映画レビュー「片袖の魚」

トランスジェンダー女性が感じる、違和感と居心地の悪さ。それは、普遍的な感情であり、誰もが共有できるものだ。

日本映画

映画レビュー「スリー☆ポイント」

京都、沖縄、東京の3点で撮られた、それぞれ味の異なる3本。即興演出や無許可撮影が、リアルな風景を鮮やかに切り取っている。