注目
日本映画

映画レビュー「愛について語るときにイケダの語ること」

生来の障害に委縮せず、末期がんの宣告にも怯まず、リビドー全開で燃え尽きたイケダ。その最後の日々を記録したドキュメンタリー。

注目
インタビュー・会見外国映画

「カニバ パリ人肉事件38年目の真実」佐川一政の弟・純氏 単独インタビュー

世界が震え上がった人肉事件。あれは一体何だったのか。当事者の佐川一政と、実弟・純氏がすべてを語る、骨肉のドキュメンタリー。

注目
イベント・映画祭日本映画

映画レビュー「岬の兄妹」

足の不自由な兄と、知的障害を持つ妹。勤め先をクビになった兄は、妹に売春させて生計を立てることを思い立つ。('19年2月20日 加筆)

外国映画

映画レビュー「秘密の森の、その向こう」

祖母が亡くなり、母も姿を消した。森に出たネリーは、一人の少女と遭遇する。名は母と同じマリオン。少女はネリーの母だった。

日本映画

映画レビュー「ナナメのろうか」

久々に祖母の家を訪れ、思い出にひたる姉と妹。だが、妹の出産をめぐり、二人は対立。そして突然、家の中で互いの姿を見失う。

外国映画

映画レビュー「人質 韓国トップスター誘拐事件」

韓国映画のトップスターが誘拐された。彼の唯一の武器は“演技力”。極限状態で繰り出す熱演は、凶悪な犯人たちに通用するのか。

外国映画

映画レビュー「やさしい人」

中年ミュージシャンのマクシムが、若い女性と恋をする。だが、彼女は突如として失踪。納得できないマクシムは、驚きの行動に出る。

外国映画

映画レビュー「女っ気なし」

フランス北部のリゾート地。美しい母娘がヴァカンスに訪れる。滞在先は、内気な独身男が管理するアパート。恋の女神は微笑むか!?

外国映画

映画レビュー「みんなのヴァカンス」

惚れた女の子を追って南フランスへ。若者たちに起きる奇跡的な出来事を、デリケートかつスリリングに描いた青春映画の逸品。

外国映画

映画レビュー「時代革命」

2019年、香港。強圧的な政府に反発した若者たちが、大規模なデモを展開。200万人のデモ隊が、警察相手に激しい攻防を展開した。

日本映画

映画レビュー「遠くへ,もっと遠くへ」

妻に浮気され逃げられた男。夫に離婚を宣告された女。捨てられた男と女が意気投合。本当の愛を求めて、北へと旅立つ。

外国映画

映画レビュー「ロックン・ロール・サーカス 4Kレストア版」

68年に開催された伝説のライヴイベント。ストーンズとザ・フー、ジョン・レノン、クラプトンなど、豪華メンバーが夢の共演!

外国映画

映画レビュー「 チャーリー・イズ・マイ・ダーリン 2Kレストア版」

65年に行ったアイルランド・ツアーの記録。迫力のライヴに加え、プライベートな素顔も収録。若きストーンズの魅力が炸裂する。

イベント・映画祭外国映画日本映画

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022 最優秀作品賞は「揺れるとき」

最優秀作品賞「揺れるとき」、優秀作品賞(長編)「ダブル・ライフ」。ともに主人公が苦境を克服し、新しい一歩を踏み出す物語だ。

日本映画

映画レビュー「夜明けの夫婦」

セックスレスの夫が浮気している。義母は「孫の顔が見たい」とプレッシャーをかける。追いつめられた妻のとった行動は――。

外国映画

ロイヤル・バレエ「白鳥の湖」

英国ロイヤル・バレエ団が天才演出家の新演出を得て生まれ変わった「白鳥の湖」。その絢爛たる舞台がスクリーンに甦る。

外国映画

映画レビュー「戦争と女の顔」

戦友から預かった子を看護婦は誤って死なせてしまう。帰還した戦友は自分のために新しい子を生むよう看護婦に迫るのだが――。

外国映画

映画レビュー「WANDA/ワンダ」

夫から離婚され居場所をなくしたワンダ。街をうろつき、バーで出会った男と車で旅に出る。やがて男は恐るべき犯罪計画を打ち明ける。

日本映画

映画レビュー「こちらあみ子」

「応答せよ、応答せよ」。トランシーバーに叫んでも返事はない。何をしても空回り。誰も判ってくれない。あみ子はいつも孤独。

日本映画

映画レビュー「ビリーバーズ」

孤島で暮らす3人の男女。カルト教団の信者たちである。教祖を信じ、修業を重ねていたが、徐々に欲望と本性を曝け出していく。

外国映画

映画レビュー「マルケータ・ラザロヴァー」

中世の戦乱の中で運命を狂わされるマルケータ。部族間の争いに巻き込まれ、敵の男に操を奪われるが、やがて愛し合う関係になる。

外国映画

映画レビュー「マーベラス」

高度な殺人スキルで暗殺ミッションをこなすアンナとムーディ。そこに謎の男レンブラントが加わり、熾烈なバトルが繰り広げられる。

外国映画

映画レビュー「あなたの顔の前に」

久々に帰国した元女優のサンオク。懐かしい風景、愛おしい人々。映画監督からの出演依頼。しかし、彼女はオファーを断る。なぜ?

日本映画

映画レビュー「恋は光」

恋する女性が光って見える。そんな特殊能力を持つ西条が初めて恋をした。3人の女性との恋愛論のはてに、西条が選んだ相手は?

外国映画

映画レビュー「さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について」

1931年、ナチス前夜の狂躁に包まれるベルリン。作家志望のファビアンは女優志望のコルネリアと運命的な恋に落ちるが――。

日本映画

映画レビュー「教育と愛国」

教育基本法に「愛国心」条項が盛り込まれ、教科書には戦争加害の事実を書かないよう圧力がかかる。政治が教育現場を蹂躙している。

日本映画

映画レビュー「夜を走る」

内気な男が、女の態度に逆上し、殺してしまう。同僚と偽装工作し、上司に罪をなすり付けた。すると、全く新しい人生の扉が開ける。