カテゴリー: 日本映画

ページ 2/4

日本映画

映画レビュー「私はワタシ〜over the rainbow〜」

日本人の13人に1人はLGBT。彼らの悩みや困難は、決して他人事ではないはず。その切実な言葉に耳を傾けよう。

イベント・映画祭, 外国映画, 日本映画

第31回東京国際映画祭 最高賞は「アマンダ」、観客賞は「半世界」

第31回東京国際映画祭で、フランス映画「アマンダ」が最高賞のグランプリを、稲垣吾郎主演の「半世界」が観客賞を受賞した。

日本映画

映画レビュー「止められるか、俺たちを」

そこには、映画に夢をいだく若者たちがひしめいていた。伝説の若松プロ。その内実を、生き生きと描いた青春群像劇。

外国映画, 日本映画

映画レビュー「シャルロット すさび」

パリに住む人妻、異形のパフォーマー、自殺した妻。3人の女の間で揺れながら、男は時空を超えた“ノスタルの旅”に出る。

日本映画

映画レビュー「教誨師」

死刑囚が心安らかに最期を迎えられるよう、牧師の佐伯は彼らの話し相手を務める――。名優・大杉漣、最後の主演作。

インタビュー・会見, 外国映画, 日本映画

「STOP」キム・ギドク監督 単独インタビュー

原発事故が引き起こした不安や恐怖を、衝撃的な映像で描いた問題作。「贅沢するために原発を作り、命を落とすのは愚かだ」

日本映画

映画レビュー「クライング フリー セックス」

セックスしたはいいが、抜けなくなってしまった男と女。しかたなく、裸で繋がったままの状態で敵と戦うことに!

日本映画

映画レビュー「ハッピーアワー」

30代半ばの女性4人。それぞれ心の内に爆弾を抱えている。いつ爆発するのか、しないのか。素人女優が圧巻の演技を見せる。

外国映画, 日本映画

映画レビュー「寝ても覚めても」

突如として姿を消した男。新たに出会った男。同じ顔をした二人の男の間で揺れる女が、最後にとった行動は?

日本映画

映画レビュー「きみの鳥はうたえる」

「僕」と、佐知子と、静雄。男ふたり、女ひとりの、幸福な日々。だが、ある日、3人の関係に決定的な転機が訪れる。