外国映画

映画レビュー「オーストリアからオーストラリアへ~ふたりの自転車大冒険」

二人の若者が11カ月でユーラシア大陸を横断。小型カメラやドローンで撮った、等身大の手作り自転車ロードムービー。

外国映画

映画レビュー「ダムネーション/天罰」

「サタンタンゴ」の巨匠タル・ベーラが、独自のスタイルを確立した記念碑的作品。日本初公開3作の1本として上映される。

外国映画

映画レビュー「アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド」

アバターの性能を試すため、一緒に過ごすことになったアルマ。“お試し”のはずが、いつしか離れ難い感情が芽生えて――。

外国映画

映画レビュー「天使の分け前」

劣悪な環境で生まれ育ったロビー。1人の大人からスコッチウイスキーの世界に導かれ、一気に人生を好転させていく――。

外国映画

映画レビュー「夜空に星のあるように」

労働者階級のジョイは、パブで働き、幼子を育てながら、獄中の男を待ち続ける――。ケン・ローチの記念すべき長編デビュー作。

外国映画

映画レビュー「ラストナイト・イン・ソーホー」

夢の中で60年代ロンドンにタイムスリップしたエロイーズ。歌手志望のサンディと同化し、不思議な体験を重ねていく。

イベント・映画祭外国映画

第22回東京フィルメックス 特別招待作品「瀑布」

コロナ禍で精神を病んだ母が、綻びかけた娘との絆を取り戻していく姿を描いた人間ドラマ。特別招待作品の1本として上映された。

イベント・映画祭外国映画

第34回東京国際映画祭 ガラ・セレクション「リンボ」

ベテラン刑事と若い女が猟奇殺人犯を追う犯罪サスペンス。世界の話題作を集めた「ガラ・セレクション」の1本として上映された。

外国映画

映画レビュー「ボストン市庁舎」

「人民の、人民による、人民のための政治」を実践するボストン市政。その中心には、一人の卓越したリーダーがいた。

外国映画

映画レビュー「MORE/モア」

今から50年前、ヨーロッパ映画界で光芒を放った、伝説の女優ミムジー・ファーマー。その代表作となった鮮烈なロックムービー。

外国映画

映画レビュー「MONOS 猿と呼ばれし者たち」

人里離れた山岳地帯から、弱肉強食のジャングルへ。裏切り、報復、脱走、そして死。少年少女たちの熾烈なサバイバル劇が展開する。

外国映画

映画レビュー「アレックス STRAIGHT CUT」

苛烈なレイプシーンが物議をかもした伝説的映画「アレックス」。逆行する時間を再逆行させ、新たな作品として甦った。

外国映画

映画レビュー「ジャズ・ロフト」

セロニアス・モンク、ズート・シムズ…。写真家ユージーン・スミスがテープに残した歴史的ジャムセッションがいま甦る。

イベント・映画祭外国映画日本映画

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021 受賞作「ライバル」、「カウンセラー」

監督賞「ライバル」、SKIP シティアワード「カウンセラー」。ともに不穏なムードの中で展開するサスペンス映画の秀作だ。

外国映画

映画レビュー「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」

悪徳町長から逃れた女を、凶悪犯罪者が追跡。5日で連れ戻さなければ、爆死する運命だ。決死のミッションは完遂できるのか。

外国映画

映画レビュー「コレクティブ 国家の嘘」

火災を生き延びた負傷者が、病院で次々と命を落とした。何故か? スポーツ紙が暴いた、恐るべき国家的犯罪の全容に迫る。

外国映画

映画レビュー「ディナー・イン・アメリカ」

警察から追われるパンクロッカーが、内気で孤独な少女と出会う。やがて互いの正体を知ったとき、二人の恋心は最高潮に達し――。

外国映画

映画レビュー『スイング・ステート』

大統領選で敗北した民主党の選挙参謀ゲイリー・ジマー。中西部の田舎町で退役軍人を町長選に担ぎ出し、起死回生を図るが――。

外国映画

映画レビュー「名もなき歌」

「妊婦に無償医療を提供」。宣伝文句に釣られて出産した母親が、赤ん坊を奪われる。母親は新聞記者とともに犯罪組織を追うが――。

外国映画

映画レビュー「共謀家族」

家族を守るため、男は映画で学んだトリックを駆使して、完全犯罪を企てる。敏腕の女性警察官が、鉄壁のアリバイを崩しにかかる。

外国映画

映画レビュー「イタリアは呼んでいる」

美食と絶景とアバンチュール。お楽しみ満載のイタリア旅行だが、そこには人生を折り返した男たちの哀愁もにじむ。

外国映画

映画レビュー「グリード ファストファッション帝国の真実」

労働搾取や不正取引で暴利をむさぼり、ファッション界の頂点を極めた男。60歳の誕生パーティで彼を待ち受けていた運命とは――。

外国映画

映画レビュー「逃げた女」

夫の出張中にガミは3人の女友だちと再会。「愛する人とはいつも一緒にいるべき」という確信がぐらついていく。

外国映画

映画レビュー「グンダーマン 優しき裏切り者の歌」

“東ドイツのボブ・ディラン”と呼ばれた人気ミュージシャン。実はシュタージ(秘密警察)のスパイという裏の顔を持っていた。