タグ: 大杉漣

インタビュー・会見, 日本映画

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019 特集上映「新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争」

三池崇史監督の劇場長編デビュー作にして、椎名桔平の初主演作。今の日本では作れない、ヤバさ満点のクライム・アクションだ。

日本映画

映画レビュー「世界一と言われた映画館」

かつて淀川長治氏が世界一と評した映画館。42年前に火事で焼失したが、その記憶は、今も多くの人の心に刻みつけられている。

日本映画

映画レビュー「教誨師」

死刑囚が心安らかに最期を迎えられるよう、牧師の佐伯は彼らの話し相手を務める――。名優・大杉漣、最後の主演作。