「脱原発」を掲げて市議会選を戦う一人の男を追い、今日の日本社会と選挙制度の問題点を鮮やかに照らし出す。

川崎のドン・キホーテ、怒りの立候補

※新作「港町」が公開中の想田和弘監督によるドキュメンタリー「選挙2」(2013)公開時に書いたレビューを、一部加筆した上で掲載します。

デビュー作「選挙」(2007)で日本の“ドブ板選挙”の実態に迫った想田和弘監督が、再び選挙戦にカメラを向けた。タイトルも、ずばり「選挙2」。

「選挙」では川崎市議会補欠選挙に自民党の落下傘候補として出馬し、見事初当選をはたした“山さん”こと山内和彦氏が、今度は無所属で同市議選に挑んだ。

2011年4月1日に告示された統一地方選。東日本大震災の直後であるにもかかわらず、原発問題にふれようとしない候補者たちに、“浪人中”の山さんは業を煮やす。その怒りが高じての立候補だった。

スローガンは“脱原発”。放射能汚染が日本全体の問題であることは明白だった。「これで、僕に入れない人はどうかしているよ」。

 

ドブ板選挙とは縁を切り、“カネなし”、“看板なし”、“組織なし”の徒手空拳。ポスターは「選挙」のチラシを活用した。

さゆり夫人の貼リ方が甘くて剥がれかけたポスターを、画鋲で補強して回る山さん。郵便局では、シャッターが降りる寸前までハガキの宛名書き。

 

そんな山さんとさゆり夫人の脇で、ジュースがほしいとむずかり、床に転がって泣きわめく長男の悠くん。孤軍奮闘する山内一家の姿は、いかにも頼りなげではあるが、「選挙」のときのような哀れさはなく、充実感がみなぎる。

投票日前日、防護服とガスマスクを着用し、最初で最後の街頭演説をする山さん。場所は、予定していた駅前ではなく、人通りの少ない駅裏だ。

足を止める人はほとんどいない。それでも山さんは脱原発を訴え、声を張り上げる。

残念ながら、山さんの真摯な呼びかけが有権者を動かすことはできず、結果は落選。“ドン・キホーテ”の果敢なる挑戦は、惨敗に終わった。

選挙を制したのは、原発問題にはふれず、相も変わらぬドブ板選挙を展開した既成政党の候補者たちだった。

だが、それは最初から予想できたことではある。この映画が描いたのは、山さんの奮戦と敗北ではない。あれだけの大事故が起きても変わらぬ政治と社会、そして動こうとしない市民に対する、想田監督の驚きと憤りである。

いちばん面白かった場面は、演説中の保守系議員にカメラを向けた想田監督と議員との衝突だ。2人の議員を相手に繰り広げられる小競り合いこそは、この映画の圧巻と言ってよい。

2人は「選挙」にも出ている。そのときの撮られ方がよほど気に障ったのか、撮影にストップをかけてくる。

だが、想田監督はひるまない。表現の自由を盾に撮影を強行。いつもはカメラの後ろに隠れている想田監督が、激しく論戦し、自らの存在を露わにする。

デビュー以来、基本的には“観察者”に徹してきた想田監督が、思い切りルールを破っている。感情的な言葉で圧力をかけてくる女性運動員との噛み合わないやりとりは爆笑必至だ。

変わらない日本。変えにくくさせている選挙制度。その中で必死に変えようと頑張っている人々。変えてはならぬと踏ん張る人々。本作は、市議会選を戦う一人の男を追うことで、今日の日本の社会状況を鮮やかに照らし出している。

『選挙2』(2013、日本・米国)

監督:想田和弘

公式サイト:http://senkyo2.com/

コピーライト:(C)2013 Laboratory X,Inc.