小規模映画館を支援する「ミニシアター・エイド基金」が、4月13日(月)に発足。記者会見が生配信される。

苦境に立つミニシアターを支援

小規模映画館支援のためのクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」が、4月13日(月)からMotion Galleryでスタートする。

これに伴い、同日の16時からDOMMUNEにて記者会見を生配信。その後、17時30分からは、ジェームズ・ブラウン主演のドキュメンタリー映画『ソウル・パワー』(アップリンク配給)を投げ銭方式でフリー生配信する。

感染拡大を防ぐため、本記者会見は配信のみ。また、出演者は全員モニター越しからのリモート参加となる。

新型コロナウイルスの感染拡大により緊急事態宣言が発令。補償も決まらないまま自粛要請が続き、全国の「ミニシアター」が苦境に立たされている。

「ミニシアター・エイド基金」は、そんなミニシアターを資金面でサポートするためのクラウドファンディングだ。

現在、東京のアップリンクはじめ全国50館超のミニシアターから参加希望があり、多くの映画監督も賛同と参加の意思を表明している。

署名活動を通じて政府への提言を進めている「SAVE the CINEMA」とも連携していくという。

今回の配信で集まった投げ銭は、ミニシアター・エイド基金とDOMMUNEの通信費、映画料に充てられる。

ミニシアター・エイド基金 × DOMMUNE キックオフイベント無観客記者会見(投げ銭方式)

日時: 4月13日(月)16:00~17:30
配信CH:DOMMUNE http://www.dommune.com/

出演者:深田晃司(発起人・映画監督)、濱口竜介(発起人・映画監督) 、浅井隆(アップリンク代表)、斎藤工(俳優・映画監督)、渡辺真起子(俳優)
全国の劇場支配人も中継をつなぎ参加予定

『ソウル・パワー』(2008年、アメリカ)

監督:ジェフリー・レヴィ=ヒント
出演:ジェームズ・ブラウン、ビル・ウィザース、B.B.キング、ザ・スピナーズ、セリア・クルース&ザ・ファニア・オール・スターズ、モハメド・アリ、ドン・キング、スチュワート・レヴァィン、マヌ・ディバンゴ