犬のトリマーをしている温和な男。町を牛耳る暴力的な男。服従する者と、支配する者。不変だったこの関係に、変化の時が訪れる。

弱者は支配関係から抜け出せるか

舞台は、海辺の寂れた町。シモーネという巨漢の無法者が、わがもの顔でこの町を牛耳っている。彼に逆らえる者は誰もいない。ある意味、“独裁者”の町だ。

本作の主人公で、犬のトリマーをしているマルチェロは、いかにも善良で気弱な男。なのに、なぜかシモーネと親交がある。求められるまま、どこからかドラッグを仕入れてきては、シモーネに提供しているが、代金は払われずじまいである。

請求しようものなら、暴力の洗礼を受けることは火を見るよりも明らか。不服でも甘受するしかないのだ。

それにしても、謎の関係だ。何か弱みを握られているのだろうか。それとも、少年期からの支配・被支配関係が継続しているのだろうか。

回想シーンなど使わず、時系列に沿って物語を進行させるマッテオ・ガローネ監督は、不条理な二人の関係について一切説明を加えないのである。

しかし、シモーネに隷属するマルチェロが、屈辱的な人生を強いられているかというと、そうでもない。“ドッグマン”というトリミングサロンは繁盛しているようだし、バツイチであるものの、娘との仲は良好。しばしば一緒にダイビングへ出かけたりしている。

一方、シモーネはこの種の男にありがちなマザコン。何者かに銃撃され傷を負った際、シモーネは医者へ行くことを拒み、マルチェロに母親の家まで運んでもらう。

シモーネの所有していたドラッグを見て、怒りを爆発させた母親が、次の瞬間、息子をひしと抱きしめる場面が印象的だ。甘やかして育て、息子をモンスターにしてしまったのか。

ある日、シモーネはマルチェロに儲け話を持ちかける。それは、マルチェロの隣家に押し入り、金を奪おうというものだった。親しい隣人の家へ強盗に入るなど、とうてい了承できるわけがない。しかし、暴力への怯えから、マルチェロは共犯者となることを選択するのだ。

隣家との壁をぶち抜いて押し入るという、あまりに単純かつ無謀な犯行は、たちまち発覚。ただし、シモーネが主犯だと証言すれば、マルチェロは執行猶予にしてもらえる。だが、マルチェロは、なぜかシモーネをかばい、一人で罪をかぶるのである。

服役し一年後に出所したマルチェロを待っていたのは、街の人々の冷たい視線だった。皆からののしられ、娘からも避けられるようになった。シモーネは身代わりになったマルチェロに感謝するどころか、相変わらず暴君としてふるまい続ける。

すっかり人生が暗転したマルチェロは、起死回生をかけた行動に出る。シモーネの暴力と、それに屈し続けるマルチェロ。本作を貫いてきたこの構図が、最後にどう変容するのか。ひ弱な小男は、屈強な大男に、どんな反撃を試みるのか。それは、成功するのか――。

周到な計画。刻一刻と高まるサスペンス。執拗なまでに炸裂する暴力。予見不可能な展開と、予想もしないエンディングに、しばし呆然とさせられる。

本作に描かれた支配者と被支配者との物語は、われわれ自身の家族や学校、会社など、身近な人間関係、さらには国家との人間関係にまで敷衍できる、普遍的なメタファーであろう。マッテオ・ガローネ監督の傑出した作劇術が際立つ、さすがの一本である。

『ドッグマン』(2018、イタリア/フランス)

監督:マッテオ・ガローネ
出演:マルチェロ・フォンテ、エドアルド・ペッシェ、アリダ・バルダリ・カラブリア、アダモ・ディオジーニ

2019年8月23日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国ロードショー。

公式サイト:http://dogman-movie.jp/

コピーライト: ©2018 Archimede srl – Le Pacte sas