「お宅の木がうちのポーチの影になってる」。一つのクレームをきっかけに2組の夫婦がいがみ合い、憎しみ合い、殺し合う。

隣人トラブルから死のバトルへ

舞台は、隣同士の二軒の家。連棟式の、いわゆるテラスハウスである。一方の庭には大木が生えていて、他方の庭のポーチに影を落としている。この影をめぐって二組の夫婦が反目し合い、憎しみ合い、はては殺し合う――。

一種のサスペンス映画と言えるが、発端は隣人同士のありがちなトラブル。日常生活での些細な衝突が、ふとした弾みでエスカレートし、凄惨な結末へと至るプロセスが、北欧映画らしい静かな狂気を孕(はら)んだ、ブラックコメディへと仕立て上げられている。

影を落とす側に住むのは、インガとバルドウィンの老夫婦。落とされる側には、エイビョルグとコンラウズの中年夫婦。

中年夫婦のクレームを受けて、バルドウィンは前向きに対応しようとする。だが、ポーチに寝そべり、これ見よがしに日光浴を楽しむエイビョルグに、日頃から反感を抱いているインガは、頑として譲ろうとしない。

こうと決めたら、テコでも動かない性格。そのうえ、猜疑心が強い。本作のキーパーソンとなるインガの動向に要注目である。

ある日、インガの可愛がっている猫が姿を消す。隣家の仕業と決め込んだインガは、監視カメラを設置して、隣家の動きを窺う。

その後、インガのとる行動には、思わず背筋が凍る。超えてはならない一線を、いとも簡単に超えてしまうインガ。今度は、中年夫婦が復讐の狼煙を上げる。こうして、両家のバトルは急速にボルテージを上げていく。

ところで、2組の夫婦の間で展開するこのバトル、実は巻き添えを食ってしまう人物が一人いる。老夫婦の息子アトリだ。なぜ、彼が災いに巻き込まれる羽目に陥るかは、本作の冒頭に描かれている通り。自業自得というべきか。

激しいバトルの結末、そしてバトル後に訪れる皮肉なエンディング。動と静の対比も鮮やかに、見事なフィナーレである。

『隣の影』(2017、アイスランド/デンマーク/ポーランド/ドイツ)

監督:ハーフシュテイン・グンナル・シーグルズソン
出演:ステインソウル・フロアル・ステインソウルソン、エッダ・ビヨルグヴィンズドッテル、シグルズール・シーグルヨンソン、ラウラ・ヨハナ・ヨンズドッテル、セルマ・ビヨンズドッテル、ソウルステイン・バックマン

2019年7月27日(土)より、ユーロスペース他全国ロードショー。

公式サイト:https://rinjin-movie.net-broadway.com

コピーライト:2017🄫Netop Films. Profile Pictures. Madants