「UFOを呼び出せる」。断言する男が現れた。実際にスマホで撮って見せてくれる。ところが、突然、彼は姿をくらましてしまう。

UFOに取り憑かれた男

UFOは存在するのか? YouTubeにアップされた月面異星人遺体動画は本物なのか? 本作「虚空門GATE」は、そんな疑問から出発する。

監督の小路谷秀樹は、UFO遭遇経験者を訪ね、UFO実在説へと傾いていった。決定的だったのは、庄司哲郎との出会いだ。

その道ではよく知られたUFOコンタクティ。「いつでもUFOを呼び出せる」と明言し、実際、衆人環視のもと、空を飛行中のUFOをスマホで撮影して見せる。「UFOに拉致された」「宇宙人と闘った」など、武勇伝を披露することも忘れない。

UFOを信じない人々にとっては、ちょっと胡散臭い人物のようにも見えるが、スマホに映ったUFOの映像をフェイクと断じる証拠もない。

再度、UFOの撮影にトライする小路谷。しかし、頼みの庄司が現れない。ぷつりと消息を絶った庄司。どこへ行ってしまったのか。

やがて、庄司は再び姿を見せる。何をしていたのか。発覚する驚きの事実。ここから、にわかに映画の空気が変わっていく。

UFOが存在するかしないか。この問題は主たるテーマではなくなっていく。映画の焦点は、庄司の人間像に移っていく。バレリーナの恋人。高原での結婚式。沖縄への新婚旅行。庄司という男の内面が見えてくる。

そして終盤のクライマックス。映画はさらなる驚きの展開を見せ、幕を閉じる。
これは一体、何だったのか。壮大な宇宙論か。深遠な宗教論か。それとも一人の男の心の闇に迫る人間論か。そもそも、これはドキュメンタリーなのだろうか。

いわく言い難い後味を残す、不思議な映画。UFOなんか信じない。そんな人にとっても、一見の価値あり。

『虚空門GATE』(2019、日本)

監督:小路谷秀樹
出演:庄司哲郎、林泰子、竹本良、巨椋修、大森敏範、宇宙大使くん

2019年11月9日(土)より、シアター・イメージフォーラム他全国ロードショー。

公式サイト:https://gate.salon/